スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
. このエントリーをはてなブックマークに追加

ゆめにっき第7夜 天使から逃げるファンタジー世界

1/8

天使から逃げる。私は天使から逃げていた。
それまでの経緯は忘れたが粗末な小屋に逃げ隠れている。
私一人ではなく、もう一人の男も誰かも逃げ隠れている。
このもう一人も私と同じく逃げているらしく、いわば、私の逃走仲間といったところか。
私はその男と話し合い、それぞれ別々に逃げあい合流できたら合流する、ということで別々に逃げ始めた。
その小屋は数mの崖の上にあり、隣は広大な砂浜に隣接していたので高性能なホッパーでぴょんぴょん跳ねながら砂浜のほうに逃げていくことにした。
それにしてもこの砂浜は広く、通常の砂浜と比べて尋常ではない広さがある。
しかも、奇妙な形をしている。通常、砂浜は海に侵食されているため、海の方向に対して横に広がっていたりするものだが、この砂浜は出来の悪いランダム地形作成ソフトで造ったように、砂の巨大な道が海の方向につながっていたり、砂浜の中に湖のようになって水がたまっているところがあったりと、とにかく通常の砂浜とは形が異なっている。
そんな砂浜を私は小屋から離れる方向に飛び跳ねていった。

結構砂浜方面に飛び跳ね砂浜も終わりという∩状のところで、天使の集団がビーチボールで遊んでいた。
ビーチボールで遊んでいるといっても、スポーツのビーチボールをしているわけではなく、ボールで遊んでいるというところ。
その天使たちは7、8人ばかりで、みなビキニを着ていて金髪。まさに西洋画に出てくる天使といったところである。
そして、近くの海には、絞殺形の処刑台のような20mはある長いロープ付の細長い何かがそびえたっていた。

さて、私が天使の集団に近寄っていったものだから、彼女らはこんなことを楽しむかのように笑顔でいう。
「捕まるおつもりなの?私たちに捕まって、安らかな死に方が出来ると思っているの?」
捕まったら戯れに処刑台に首をくくられ、玩具にされることになるのだろうか。
それは御免、とホップしながら逃げる。
ホップし続けるとファンタジックな旅館が見えてきた。

そのファンタジックな旅館は結構な人で賑わっている。
そして、私とは別の方向に逃げた男もその旅館の前にいた。
私はその男との再会を喜び、安く泊まれるその旅館に泊まることにした。

宿泊の手続きをしたときに貰ったチラシには手書き風でペンで書いたような黒字で長文が書かれている。
私は仲間の男に「こういう手書き風のものは印刷なんだよ」と笑いながら話しかける。
その長文を読んでいくとどうやらこれは宿の宣伝チラシらしい。宣伝チラシなので普通なら興味の湧くものではないがそこに気になる一文があった。
「この宿は"天使さま"にもお泊りいただいております!」
本当に天使が宿泊する可能性があるのならマズイが、私はこれを見て「こんな庶民向けの宿に天使が泊まるわけがない。ただの宣伝文句だ。」と一笑に付した。この宿は決して粗末でボロボロとは言いがたいが、横長で手狭な宿で富裕層が泊まるような代物でもなかった。

部屋がある4Fまであがっていくとそこは宴会場だった。
浴衣を着た若い大学生か高校生かぐらいの若者がズラっと並んでいる。まだ宴会は始まっていないようで空席がぼつぼつあり、各人は鍋の前で談笑しながら待っている。そして、横を通ってもまったくこちらを気にしない。
私は仲間に小声で「どこかで浴衣でも持ってきて、空席があったらこいつらの仲間のふりをして鍋をいただこうか」などと冗談めかしていう。
そして、若者たちの後ろを通り部屋の前に着いたがそこには「E-4」というプレートが掲げてあり、私たちの部屋である「E-5」は反対側にあったので、また宴会場の中を横断して部屋に向かった。

場面は一転、その宿の地下に移る。
そこには忠実者(ナーガ)の幼女が一人。
忠実者って何か?と疑問に思ったところで、説明テロップが入る。
テロップによれば、このSkyrimのアルゴニアンのようなトカゲ人間は忠実者と呼ばれ、忠実な性格をもつトカゲらしい。その歴史に目を向けると、忠実な性格ではあるため軍人として需要されるものの、長い歴史の中では支配に耐えかねて反乱を起こすこともあるらしく、巨大な帝国を何度もこの忠実者が崩壊させてきたようだ。忠実者とはなんとも皮肉なネーミングである。

テロップが終わると、忠実者の少女(10代前半ぐらい)が暗い地下で一人の身体しか照らせないようなランプを手に持って歩いている。暗い石造りの廊下でたたずんでいる。
そこに年長の男であろう忠実者が現れた。その男に気付いた少女は「ごめんなさい、ごめんなさい」と何事かを謝っている。どうやらこの場にいること自体がいけないことのようだ。
しかし、年長の忠実者は少女の足元の方に目を向けている。そこには忠実者の横顔が彫られたレリーフがうっすらと青白く輝いている。何かこの青白いレリーフに大きな意味があるのだろうか。. このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

ゆめにっき 第6夜

11/15
第6夜 窃盗集団
天使窃盗、魔王、映画村、強盗集団、黄昏。

注・現時点で大部分を失念したことが前提で脈絡がない。

ショタ天使(やたらと長い名前の)となって、修道院らしき小さな四角い平屋でシスターの粗末なベットと木箱から窃盗して回る。気づかれたので逃げるとそこは海だったので、空を飛びながら逃げる。逃げると港湾のようなところで魔王に叱責され、持ち物を奪われる。

2。港湾地帯でパニバーナ(夢を見た後の仮称)に追跡される。逃げ回っているうちに相手はサイコレズで自分も普通の女性のように男を愛したかったということを自分になぜかぶつけてくる。意味が分からない。

3。俺と他に2人ぐらいで、どこか職場らしきところを訪問している。十数人ぐらいはいるだろうか。そこの主人らしき人物が話している。主人が私たちに向かって、良いだろう、というようなことを話している。そこの人々はすべてちょんまげに和服であり、貴族風のおしろいをしている人がいる。

4。連れが良いな、ということを言ったので、私も良いなと同意した。見世物でやっているわけでなく、ちょんまげと和服、時々白粉が文化として自然に存在している風である。見世物の偽者ではなく本物である。映画村みたいだな、と思いながら同意した。

5。そこからまた夢は変わる。前後関係は忘れた。今度は私を含めた4人組でルパンが乗るような小さい車の中に、乗っている。運転手は荒い運転をする無精ひげの男、助手席に太めで銃器をぶっ放すような男(トシキと呼ぼう)、後部に頼りない細めの新人、そして、私である。

6。その車の上には2個の大きめの木箱が積んである。その装備でレッツ窃盗だ。(窃盗シーン失念)窃盗を成功させた私たちは現金を積んだ木箱を積んで、小さい車で逃げようとするが、警察が待ち構えていたので、我々の装備で反撃する。トシキ担当の銃火器が心強い。

7。市街戦。後ろは長い階段とクレーン、前は赤茶のレンガの人の背の高さぐらいを残して崩れている壁、右手が前方に通じる道。壁の前が道路になっており、前に向かって道が延びており、右手のスペースから侵入される。まぁ、待ち構えるには絶好の場所、雪は降っているが、そこで待ち構えた。

8。激しく銃撃戦を交わす私たち。銃撃戦に一番慣れているのはトシキと運転手で、私は慣れていない。色々と叱責されながらも、敵の撃退に必死になる。ところが、敵は警察レベルでは無く軍隊レベルで撃退しようが撃退しようがどうにもならない。このままでは死ぬと思った私は撤退を提案。

9。撤退を迅速にするには盗んだ木箱2つを捨てていく必要がある。撤退するとなれば、敵が侵入してくるために迅速に行動しなければならないし、クレーンで木箱を小型車に積載している暇は無い。特にトシキに罵倒されたが、とうとう諦めて木箱を捨てて逃げることに。

10.車は後ろの階段の上に止めてあるので全員が車まで全力ダッシュ。無精ひげがエンジンをかけると、軍隊の砂漠色の戦車が突入してきた。それを尻目に逃げる小型車。間一髪であった。

11.私たちの車は車道に出た。軍隊連中は速度が出ないので付いてこれていない。しかし、問題は協力している警察連中でパトカーがそこらじゅうを走りまわっている。私たちは軍隊から逃げなければいけないが、パトカーがいるところで速度を出せないのでイライラしながら逃走を続ける。

12.パトカーはロードブロックも敷いており、至るところで私たちを、または私たちの乗っている小型車を探している。とある大きな川をかける橋を渡ったところで、無精ひげがいきなり左手にハンドルを切って、落ち葉が積もる森の中に突入する。逃走のためだろうが、おい無精ひげ。

13.森は結構な下り道となっており、小型車の中で私たちは揺さぶられて頭を打つ。無精ひげ曰く最短らしい。人目が無いし、まさか森の中で休んでいるとは警察も思わないだろうから、隠れ場としてはいいんじゃないか。デブが持ち込み、車内に散らかったポテチの袋を手に取りながら言う。

14.結局、そこに隠れて警察と軍隊を撒くことにした。デブ(=トシキ)が持ち込んだお菓子の山が車内に転がっており、それをいただく。デブのお菓子好きも役に立つものである。しばらくは車内にいて、隣の座席の新人(マーティー)と話し合っていたが、飽きたので菓子の袋と車を降りる。

15.少し緩やかな斜面を降りた場所に左手に川を見渡せる公園のようになっている場所があったのでそこに腰を落ち着かせる。季節は知らないが森からの黄色い、赤い落ち葉で秋めいていて、西に浮かんだ太陽が眩しく、川にキラキラと反射している。周りにはゴミが多いが、なかなか良い風景だ。

16.そこで菓子を食っていると警察の集団が登場。巡回をしているらしい。規模から言って、周辺を捜索しているのだろうか。内心、正体を気づかれないかと緊張し、鼓動が早くなる。そのうちの一人の結構高齢の警察官が近づいてきて、案の定こう言う。
「こんなところで何してるの?」
「いや、ここから見える景色がきれいなので(※大きな川が広がる景色)、たまに、お菓子を食べてゆっくりするんですよ。」
「あぁ、ここからは川も見えるからね。・・・ここのゴミはあなたが捨てたの?(コンビニ弁当などがそこらに転がっている)」
「いや・・・あの、自分(の捨てたもの)じゃないですが、他人の(捨てたもの)を拾う義理も無いので。」
「あっそう(ゴミを拾いながら)・・・・・・ところで、あなた、こんな時間帯から外でぶらぶらしてるの?」
「いやぁ・・・・・・なんといいますか、まぁ、正規の仕事には就いていないので。」
「あぁ(納得したように)・・・日雇いやバイトですか。」
「まぁ、その・・・そんなところです。」

そんな会話をした。その後、残してきた仲間の様子を見に行きたくなりながらも、警察が去るのを待っているところで起床してしまいました。

















. このエントリーをはてなブックマークに追加

ゆめにっき 第5夜 旅行記

この記事はブロとものみ閲覧できます
. このエントリーをはてなブックマークに追加

ゆめにっき 第2夜「地震≧ヒトデ」

この記事はブロとものみ閲覧できます
. このエントリーをはてなブックマークに追加

ゆめにっき 第1夜「恥」

この記事はブロとものみ閲覧できます
. このエントリーをはてなブックマークに追加

ゆめにっき・前言

この記事はブロとものみ閲覧できます
. このエントリーをはてなブックマークに追加
検索フォーム
プロフィール

Forlost

Author:Forlost
黒歴史なんだよなぁ・・・。

RSSリンクの表示
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
3834位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
PCゲーム
545位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。