スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
. このエントリーをはてなブックマークに追加

ゆめにっき 第6夜

11/15
第6夜 窃盗集団
天使窃盗、魔王、映画村、強盗集団、黄昏。

注・現時点で大部分を失念したことが前提で脈絡がない。

ショタ天使(やたらと長い名前の)となって、修道院らしき小さな四角い平屋でシスターの粗末なベットと木箱から窃盗して回る。気づかれたので逃げるとそこは海だったので、空を飛びながら逃げる。逃げると港湾のようなところで魔王に叱責され、持ち物を奪われる。

2。港湾地帯でパニバーナ(夢を見た後の仮称)に追跡される。逃げ回っているうちに相手はサイコレズで自分も普通の女性のように男を愛したかったということを自分になぜかぶつけてくる。意味が分からない。

3。俺と他に2人ぐらいで、どこか職場らしきところを訪問している。十数人ぐらいはいるだろうか。そこの主人らしき人物が話している。主人が私たちに向かって、良いだろう、というようなことを話している。そこの人々はすべてちょんまげに和服であり、貴族風のおしろいをしている人がいる。

4。連れが良いな、ということを言ったので、私も良いなと同意した。見世物でやっているわけでなく、ちょんまげと和服、時々白粉が文化として自然に存在している風である。見世物の偽者ではなく本物である。映画村みたいだな、と思いながら同意した。

5。そこからまた夢は変わる。前後関係は忘れた。今度は私を含めた4人組でルパンが乗るような小さい車の中に、乗っている。運転手は荒い運転をする無精ひげの男、助手席に太めで銃器をぶっ放すような男(トシキと呼ぼう)、後部に頼りない細めの新人、そして、私である。

6。その車の上には2個の大きめの木箱が積んである。その装備でレッツ窃盗だ。(窃盗シーン失念)窃盗を成功させた私たちは現金を積んだ木箱を積んで、小さい車で逃げようとするが、警察が待ち構えていたので、我々の装備で反撃する。トシキ担当の銃火器が心強い。

7。市街戦。後ろは長い階段とクレーン、前は赤茶のレンガの人の背の高さぐらいを残して崩れている壁、右手が前方に通じる道。壁の前が道路になっており、前に向かって道が延びており、右手のスペースから侵入される。まぁ、待ち構えるには絶好の場所、雪は降っているが、そこで待ち構えた。

8。激しく銃撃戦を交わす私たち。銃撃戦に一番慣れているのはトシキと運転手で、私は慣れていない。色々と叱責されながらも、敵の撃退に必死になる。ところが、敵は警察レベルでは無く軍隊レベルで撃退しようが撃退しようがどうにもならない。このままでは死ぬと思った私は撤退を提案。

9。撤退を迅速にするには盗んだ木箱2つを捨てていく必要がある。撤退するとなれば、敵が侵入してくるために迅速に行動しなければならないし、クレーンで木箱を小型車に積載している暇は無い。特にトシキに罵倒されたが、とうとう諦めて木箱を捨てて逃げることに。

10.車は後ろの階段の上に止めてあるので全員が車まで全力ダッシュ。無精ひげがエンジンをかけると、軍隊の砂漠色の戦車が突入してきた。それを尻目に逃げる小型車。間一髪であった。

11.私たちの車は車道に出た。軍隊連中は速度が出ないので付いてこれていない。しかし、問題は協力している警察連中でパトカーがそこらじゅうを走りまわっている。私たちは軍隊から逃げなければいけないが、パトカーがいるところで速度を出せないのでイライラしながら逃走を続ける。

12.パトカーはロードブロックも敷いており、至るところで私たちを、または私たちの乗っている小型車を探している。とある大きな川をかける橋を渡ったところで、無精ひげがいきなり左手にハンドルを切って、落ち葉が積もる森の中に突入する。逃走のためだろうが、おい無精ひげ。

13.森は結構な下り道となっており、小型車の中で私たちは揺さぶられて頭を打つ。無精ひげ曰く最短らしい。人目が無いし、まさか森の中で休んでいるとは警察も思わないだろうから、隠れ場としてはいいんじゃないか。デブが持ち込み、車内に散らかったポテチの袋を手に取りながら言う。

14.結局、そこに隠れて警察と軍隊を撒くことにした。デブ(=トシキ)が持ち込んだお菓子の山が車内に転がっており、それをいただく。デブのお菓子好きも役に立つものである。しばらくは車内にいて、隣の座席の新人(マーティー)と話し合っていたが、飽きたので菓子の袋と車を降りる。

15.少し緩やかな斜面を降りた場所に左手に川を見渡せる公園のようになっている場所があったのでそこに腰を落ち着かせる。季節は知らないが森からの黄色い、赤い落ち葉で秋めいていて、西に浮かんだ太陽が眩しく、川にキラキラと反射している。周りにはゴミが多いが、なかなか良い風景だ。

16.そこで菓子を食っていると警察の集団が登場。巡回をしているらしい。規模から言って、周辺を捜索しているのだろうか。内心、正体を気づかれないかと緊張し、鼓動が早くなる。そのうちの一人の結構高齢の警察官が近づいてきて、案の定こう言う。
「こんなところで何してるの?」
「いや、ここから見える景色がきれいなので(※大きな川が広がる景色)、たまに、お菓子を食べてゆっくりするんですよ。」
「あぁ、ここからは川も見えるからね。・・・ここのゴミはあなたが捨てたの?(コンビニ弁当などがそこらに転がっている)」
「いや・・・あの、自分(の捨てたもの)じゃないですが、他人の(捨てたもの)を拾う義理も無いので。」
「あっそう(ゴミを拾いながら)・・・・・・ところで、あなた、こんな時間帯から外でぶらぶらしてるの?」
「いやぁ・・・・・・なんといいますか、まぁ、正規の仕事には就いていないので。」
「あぁ(納得したように)・・・日雇いやバイトですか。」
「まぁ、その・・・そんなところです。」

そんな会話をした。その後、残してきた仲間の様子を見に行きたくなりながらも、警察が去るのを待っているところで起床してしまいました。

















. このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト
検索フォーム
プロフィール

Forlost

Author:Forlost
黒歴史なんだよなぁ・・・。

RSSリンクの表示
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
2933位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
PCゲーム
431位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。