スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
. このエントリーをはてなブックマークに追加

「War of Omens」 攻略記事

「War of Omens」(ウォーオブオーメンズ)にハマりました。
面白いゲームなのですが、日本では流行っておらず、日本語での攻略情報がwikiを含めてありません。そこで、私が攻略情報をこのマイナーなブログで書き、一通りの攻略情報を公開しておきたいと思います。

この記事を読んだ人も、何か有益な攻略情報があれば、コメントで教えてください。

. このエントリーをはてなブックマークに追加

・最初に

このゲーム、だいぶ更新が頻繁にあります。最近は紫が新勢力で加わったことでさらにバランス調整が多くなりました。各カード、ヒーローの効果は変動を続けていますし、赤系はカードの名前まで変わりました。(家畜系)

この記事を書いたのは5月末ですので、ここの情報はほぼあてになりません。今後、キャンペーンモードの追加がひと段落したら、ここの情報を更新しようと思います。
少なくとも、数か月先ですね・・・。

今のところの内容は、1.各勢力のヒーローと主な戦略2.キャンペーンモードの情報となっております。

ちなみに、筆者の強さは「Journeyman」に安定して勝ちますが、「Master」には安定しない、CampaignのGrandMasterは一部しか攻略できない程度の強さです。キャンペーンは、Chapter1~3のGM、3のボーナスバトルをクリアしました。

・「War of Omens」とは?
Kickstarers(クラウドファウンディングのサイト)から生まれたカードゲーム。
2014年5月現在開発途上であり、頻繁にアップデートが行われている。Kongregateなどでプレイ可能。
(http://www.kongregate.com/games/FifthColumnGames/war-of-omens)

課金要素はありますが、基本的に無料のゲームです。
無課金でも(理論上は)すべてのカードが手に入ります。
ちなみに、筆者は無課金。

・勢力、ヒーローと戦略
勢力は3勢力存在し、それぞれ使えるカードが大きく異なります。(勢力については、売り上げ次第で今後、新勢力が追加されるかもしれないとアナウンスされており、一部のカードは完成している様子。)
ヒーローは最初、4名しかいませんが、ゲーム内で手に入る銀貨でPackを開けて、ヒーローを引けば増えていきます。
また、ヒーローにはそれぞれそのヒーローをレベルアップすることで貰えるカードが存在します。(Lv4でアンロック、Lv8、Lv28でアップグレード)

~Vespitole(ヴェスピトー)~
通称、緑(Green)。
全てのカードに「DrawCard」が付いており、各カードを引いたあとにもう1枚引くことができる。
すなわち、コインカードを引くまでカードを引き続けることが出来ることになるので、コイン以外のカードが多くなる後半で強い傾向がある。

・ヒーローと固有スキル
Captain Listrata/各ターン 食+1
Sofocatro/各ターン 毒+1
Cardinal Pocchi/各ターン 金+1
Sister Ysadora/ヒーローに食糧を使うと攻撃1

※プレイヤーキャラか不明。スカーミッシュには登場。
Regent Marsh/味方に食料を使った場合、50%の確率でその味方が敵に攻撃する。
Madam Aline/「Courtesan」2人が初期手札に含まれる。

・戦略
他の勢力にも言えることではあるが、ターン終了時の手持ちカードの数が4枚以下ならば、コインは最大の3枚まで引かれるので、コインを1枚だけ手元に残しておいた方が良い。なぜなら、緑にとって、コインカードを手元に置いておくことでカードの回転率を若干上げることが出来るからだ。
例えば、デッキにコインカード以外のカードを1枚加えたとしよう。デッキの総数はコインカード10、カード1。ターン始めにカードを引くとき、コインを使い切った場合、カードは3/11(27.27%)で場に出る。一方、1枚手元に置いた場合は3/10(30%)。
緑はどのカードを引いてももう1枚引けるので、カードを引く確率が上がってほんの少しだけ有利になる。ただし、効果は微量なので無理に手元に1枚置いておく必要はない。
1枚に限り手元に置いたままターンを終了しても収入に影響しない仕様は、覚えておくと戦略の幅が大きく広がり役に立つ。

・食料ブーム
Listrata向け。手持ちの食料と同じだけの金貨を追加するカード「Merchant Guild」を軸にする戦略。
・髑髏ブーム
Sofocatro向け。手持ちの髑髏と同じだけの金貨を追加するカード「Corruption」を軸にする戦略。
味方カードの数と同数の髑髏を追加する「Spy Network」の併用も。
・金銭ラッシュ
Pocchi向け。借金ができるカード「Loan」、金銭系のカードで資金を調達し、すべての金銭を支払う代わりに同数の攻撃を行う「Bounty」での一撃必殺を狙う戦略。かなり強かったが、5/15までのアップデートで弱体化した(※)
※Loan→返済期間8ターンから4ターンへ、Bounty→コスト+1、Banker→コスト+1
・味方スパム
コインが出るまでカードを引き続けられる緑(Vespitole)勢力の特長を生かすために、低コストの仲間をどんどんデッキに加えていく戦略。低価格帯のカードの安さが鍵となるため、どれだけカードをアップグレードしてあるかが強さを分ける戦略。
また、連続引けるかどうかが重要なのでかなり運任せ。また、敵の数だけのダメージを与えてくる「Malediction」には弱い。


~Daramek(ダラメク)~
通称、赤(Red)。
他のカードを生贄にするカードが多い。緑はすべてのカードにDrawCardが付いていたが、赤には付いていない。代わりに、味方カードは場に出るだけで効果を発揮するものが多く、味方カードの体力も緑より多め。

・ヒーローと固有スキル
Esra/毎ターン開始時、デッキに味方がいるときに必ず1枚味方を引く
Liet/カードを使うたびに15%の確率で資源をランダムで+1
Orom/味方を生贄に捧げたとき、資源をランダムで+1
Mogesh/ヒーローに魔法(資源)を使うと、最弱の味方を生贄にし、生贄のライフ+1のダメージを敵に与える。
Trazin/敵に攻撃を受けたとき、25%の確率で反撃。
Babarus/カード購入時に15%の確率でもう1枚入手する(+各ターン 魔法+1(※)?)

※5/15のアプデより。now gains 1 magic/turn、と書いてあるので今までの特性に追加されたのだと思うが、未入手のヒーローなので未確認。

・戦略
・ネズミスパム
大量の「Rat」(コスト1までアップグレードしてあるのが望ましい)、「RatCatcher」、Rat1匹ごとにランダムに+2の資源を追加する「Rat Ointment」、味方1枚ごとに1ダメージを与える「Stampede」が軸。
・亀
ヒーローに魔法(資源)を使うことに、金貨+2の追加効果を与える「Sacred Tortoise」を複数置き、金銭ザクザクで押し切る戦略。5/15のアプデで弱体化(亀のコスト+1)
・生贄ループ
Mogesh向け。カードを捨てた時に15%の確率で手札に戻す効果を加える「Shrine of Rebirth」を置き、生贄に捧げた時に手札に戻るようにする。上手く行くと、生贄(味方カードが捨てられる)→「Shrine of Rebirth」の効果発動→生贄→効果発動・・・と延々とループさせることができるようになる。5/15のアプデにより、「Shrine of Rebirth」のコスト+1。

~Metris(メトリス)~
通称、青(Blue)。
味方カードが少なく、使い捨てのカード(1度効果を発揮したら、デッキに加えられずに破棄される)が多い。
その代わり、敵の攻撃を反射したり、敵の味方カードを一掃したり、敵の資源やカードを盗んでデッキに加えたりと、相手を妨害するトリッキーなカードが多い。相手次第で戦略が変わることもしばしば。

・ヒーローと固有スキル
Valdorian/ターン開始、20%の確率で相手のデッキからカードを1枚引く
Theodox/10%の確率でカードの破壊を防ぎデッキに加える
Birondelle/カードを購入時、10%の確率で対戦相手のBankから補充する
Gretta/敵の攻撃を30%の確率で無効化し、25%の確率で反撃する。

Loquori/敵が資源を獲得した場合、5%の確率で盗む。


・戦略
・毒ラッシュ
毒系のカード、場にある毒ごとに1のダメージを与え続ける「Arsenic」を軸にする戦略。
・寝取り&ガード
敵の攻撃を反射する「Misdirect」、「Frame」を置き、「Seduce」「Deceit」で相手の味方カードを自分のカードとして出すことを狙う戦略。敵のカードを盗む「Ramsack」なども併用される。同勢力(青)が相手になると、多少弱い。
※5/15日のメンテで「Seduce」の対象がランダム化したため、大幅に弱体化。
・反射強化
敵の攻撃を反射する「Misdirect」、「Frame」をとにかく置き、「Corodinate」で反射数を増やす方法。

~キャンペーンモード~
キャンペーンモードは現在のところ「Listrata」が主人公とするキャンペーンがチャプター6まで公開されています。チャプター20まで実装予定のようです。
また、キャンペーンモードは各3面で構成されており、難易度はそれぞれ「Neophyte」、「Journeyman」、「GrandMaster」の三種類が存在し、敵の持つカードのコスト、特殊コインの有無が変化します。さらに「GrandMaster」には隠された条件があり、それを達成することで「Bonus」が付きます。

・各章の隠し条件
自分では未確認ですが、海外フォーラムから拾ってきた情報を載せます。追加の情報があれば、コメントで教えてくれるとありがたいです。なお、全てにおいて、「GrandMaster」でコンテニューなし、が前提となっているようです。
1.隠しの前提条件(「GrandMaster」、ノーコンテニュー)を満たしてクリア。
2.味方カード(Allies)なしでクリア
3.「loan」なしでクリア。
4.2面で出てくる牛(cattel)を殺さずにクリア。
5.「Malediction」なしでクリア
6.「Rampart」なしでクリア
7.?

おまけ
今は再現不可能なBabarusを使った錬金術。
BmgDWEBCcAAX9qb.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

緑の Sister Ysadora に修正入りましたよん
やっぱり食料一個使うだけで+1と-1、相対的に無条件で2点っていうのは強すぎましたね

イザドラに修正入って、紫も追加されましたね。イザドラはかなり強いカードだったから、手に入る前に修正されてしまって残念。

このゲーム、たびたび修正が入り、修正点も多いので、何を書いてもすぐに陳腐化してしまいます^^;
検索フォーム
プロフィール

Forlost

Author:Forlost
黒歴史なんだよなぁ・・・。

RSSリンクの表示
リンク
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
4513位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
PCゲーム
631位
アクセスランキングを見る>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。